2008年08月14日

あらすじ.2

◆Part1 ファントムブラッド
19世紀末のイギリス…英国貴族の青年の主人公ジョナサン・ジョースターと、下層階級出身だが類稀なカリスマと野望の持ち主ディオ・ブランドーとの抗争劇。「石仮面」や「波紋」を背景に、2人の成長や対立が描かれている。

◆Part2 戦闘潮流
1938年のアメリカ…再び世界大戦の足音が聞こえ始めたなかでジョナサンの孫、ジョセフ・ジョースターも祖父と同じく「波紋」を身に付けていた。人類を遥かに凌駕する知的生物、通称「柱の男」たちがヨーロッパで発掘され、人間の脅威となりうる「柱の男」を倒すため、ジョセフたちは各地を奔走する。

◆Part3 スターダストクルセイダース
1989年の日本…100年の時を経てDIO(ディオ)が復活した。時を同じくしてジョセフの孫・空条承太郎には幽波紋(スタンド)という能力が発現する。DIOの影響によって危篤に陥った母を救うため、承太郎はジョセフらと共にDIOの潜むエジプトを目指す。
...続きを読む
【関連する記事】
posted by hiro at 19:02| Comment(29) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あらすじ

邪悪な吸血鬼と化した人間達やその後継者たちがが繰り広げる戦いを描く。戦いの系譜は2世紀以上に渡り、主人公はいずれも「ジョジョ」(JoJo, GioGio)という愛称をもつ。劇中でジョジョの愛称がよく用いられていたのはPart3初期までである。

Part1およびPart2は、波紋(はもん)と呼ばれる特殊能力を身につけた人間たちが吸血鬼や「柱の男」という人間よりもはるかに長命で強力な生物に立ち向かうという作品で、「ロマンホラー!-深紅の秘伝説-」というキャッチコピーが付けられていた。

...続きを読む
posted by hiro at 19:00| Comment(0) | あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品特色

本作の特徴としてよく挙げられるのが擬音とポーズである。擬音はヘヴィメタルやホラー映画等から思いつき、擬音によって「引き込まれる感じが違う」と答えている。コミックスの表紙などで見られる一部ファンの間で「ジョジョ立ち」と呼ばれるポーズに関しては、20代のころ初めて行ったイタリア旅行においてミケランジェロの作品に強い衝撃を受けたことをきっかけに、彫刻のように肉体を捻る等のポーズを自分なりに漫画の中に取り入れたかったと語っている。...続きを読む
posted by hiro at 18:58| Comment(0) | 特色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副題について

現在使用されている副題は先述の通りPart6の執筆時に後から付けられたものであり、それまでは日本語で第何部と表記し、主人公名と副題が付けられていた。作者はPart3の執筆時から副題をつけるつもりであったが、既存のジャンプコミックスとの整合性が取れなくなるという理由で編集部から却下された。

...続きを読む
posted by hiro at 18:55| Comment(0) | 副題について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品説明2

Part3(28巻)までは椛島良介(現新書編集長)編集者が担当し、28巻の巻末で荒木にコメントを寄せている。本作は当初全3部の予定であったが、編集部の意向でPart4(第4部)以降も続けられた[要出典]。その後、編集部からはジョジョ以外の作品を描くことを薦められているが、作者は「何を描いても『ジョジョ』になってしまう」と発言している。また、雑誌のインタビューで、2004年の時点でPart9(第9部)までの構想があるとも語っている。

作品全体のテーマは『人間讃歌』とされ、現在までにPart1 - Part7の全7部で構成されている。各部にはPart6(第6部)執筆時以降に副題が与えられており、以下の通りに構成されている。

続きを読む
posted by hiro at 18:54| Comment(0) | ジョジョとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品解説

集英社の少年向け漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』に1987年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載され、単行本のシリーズ累計は7000万部を超える。2006年の文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた。

『ジャンプ』掲載時の掲載順は、看板作品のように常に前の方ではなく、良くても中間、悪い時は最下位になる時もあった。巻頭カラーになることが少なかったが、単行本の売り上げは順調であったため打ち切りにならなかった。
posted by hiro at 18:52| Comment(0) | 作品説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョジョとは

ジョジョとは『ジョジョの奇妙な冒険』の略語です。

『ジョジョの奇妙な冒険』(ジョジョのきみょうなぼうけん、Part1 - 4, 6 - 7: JOJO'S BIZARRE ADVENTURE, Part5: LE BIZZARRE ADVENTURE DI GIOGIO)は、荒木飛呂彦の漫画作品です。
posted by hiro at 18:50| Comment(0) | ジョジョとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。